高麗人参の賢い選び方

高麗人参の選び方と効果・効能などについて解説しています。
さらに歴史を紐解くことで、知識を深めることも可能です。
多岐にわたる素晴らしい薬効を持った高麗人参の魅力を感じてください。

プロフィール

文字サイズ変更→ 大きくする小さくする元に戻す

その他の記事一覧

高麗人参の食べ方・煎じ方

高麗人参は薬草としてだけでなく、地域によっては食材としても使用されています。例えば韓国では、高麗人参を煎じたものを人参茶(インサムチャ)として愛飲したり、参鶏湯(サムゲタン)などの料理にも使われています。

高麗人参の形状

昔から、高麗人参は人の体に似たものほど尊重されています。特に開城産の高麗人参は胴が短く、足が太く女性のような美しい形をしています。ここでは、そんな高麗人参の形について解説しています。

高麗人参の仲間

ウコギ科に属する高麗人参の仲間には、田七人参、西洋人参、シベリアや中国黒龍江省、朝鮮半島北部に生育するシベリア人参などがあります。共通点もありますが、それぞれ異なる特性を持っています。

高麗人参の歴史

高麗人参が記録に登場するのは2000年以上前のことで、漢方薬の始まりと言われる薬学書、「神農本草経」に登場しています。このような人参の歴史的な背景を中心に解説をおこなっているページです。

高麗人参の成分

高麗人参にはさまざまな有用成分が含まれており、具体的には有機物のサポニン・含窒素化合物・脂質性成分・ビタミン・炭水化物の5つの群からなり、それぞれの含有率も異なっています。その詳細を解説。

サポニンの効果

サポニンが人間の身体にもたらす効果と効能について解説しています。ジンセノイドとも呼ばれるサポニンは血液と血管を強くして、様々な疾患から私たちの身体を守ってくれます。

アルカロイドの効果

最近になって、高麗人参の成分の中で最も重要な働きをするのが含窒素塩基物質つまりアルカロイドであることが分かってきました。アルカロイドはアルカリ(Alkali)にラテン語で「似たような」という意味のオイド(Oid)をつけたもので、「アルカリのような物質」を指します。

高麗人参の栽培

高麗人参は気候条件などが似ているところでは、世界各地に広い分布を持ち、朝鮮半島だけでなく、日本、アメリカ、カナダ、中国、ロシアなどでもわずかながら栽培されています。

栽培に向いた土地

妊娠中は食べ物から日用品までさまざまなものの取扱いに注意する必要があり、非常にデリケートな時期となっています。そのため、女性の中には、胎児への影響を考慮し、妊娠と同時に高麗人参の服用をやめてしまう方もいます。

妊娠中の飲み方

妊娠中は食べ物から日用品までさまざまなものの取扱いに注意する必要があり、非常にデリケートな時期となっています。そのため、女性の中には、胎児への影響を考慮し、妊娠と同時に高麗人参の服用をやめてしまう方もいます。

高麗人参酒の効能と作り方

高麗人参の効果に1つに血液のめぐりを良くする働きがあります。高麗人参は貧血、冷え症など血液循環の悪い場合に効くことが多いです。ここでは、それらの作用をサポートする高麗人参酒を紹介します。

高麗人参茶の効能と飲み方

高麗人参茶は、乾燥した高麗人参の根を煎じたものを材料とした健康茶のことで、韓国の伝統的なお茶の1つ(人参茶(インサムチャ))として長く親しまれています。