高麗人参の賢い選び方

高麗人参の選び方と効果・効能などについて解説しています。
さらに歴史を紐解くことで、知識を深めることも可能です。
多岐にわたる素晴らしい薬効を持った高麗人参の魅力を感じてください。

プロフィール

文字サイズ変更→ 大きくする小さくする元に戻す

アルカロイドの効果

最近になって、高麗人参の成分の中で最も重要な働きをするのが含窒素塩基物質つまりアルカロイドであることが分かってきました。

アルカロイドはアルカリ(Alkali)にラテン語で「似たような」という意味のオイド(Oid)をつけたもので、「アルカリのような物質」を指します。

1818年に、ドイツの科学者マイスネルによって、モルヒネのように植物に含まれ、複雑な構造を持つ窒素含有塩基性化合物のことをアルカロイドと呼ぶようになりましたが、現在では塩基性を示さない含窒素化合物で生理活性を持つものや、動物の体内にある物質もアルカロイドに含まれるようになりました。

アルカロイドを幾つか挙げると、アヘンアルカロイド、コデイン、パパベリン、ナルコチン、コカイン、エフェドリン、ロベリン、レゼルピン、ニコチン、アトロピン、スコポラミン、エルゴタミン、キニーネ、ストリキニーネ、ヨヒンビンなどがあります。

マクロファージとBリンパ球

高麗人参アルカロイドが免疫細胞であるマクロファージとBリンパ球の機能を活性化させることにより、免疫作用が高まることが分かっています。免疫力が高まるということは病気に対しての自然治癒力が高まるということです。

マクロファージは免疫システムの一部を担うアメーバ状の単核細胞で、生体内に侵入した細菌やウイルス、死んだ細胞などを捕食・消化する作用を持っています。その特性から「大食細胞」とも呼ばれます。一方のBリンパ球は、免疫応答に関係するリンパ球の一種で、「B細胞」とも呼ばれます。Tリンパ球(T細胞)からの指令で病原菌(抗原)に応じた抗体を産生し、抗原をを攻撃します。抗原と結合すると同時に抗原を提示する(標識になる)ことで、細菌やウイルスによる感染を防御する働きを担っています。

これらの免疫細胞を強化させる作用から、高麗人参はガンの治療と予防、肝障害、アトピー、糖尿病、後天性免疫不全症候群(エイズ)などに対しての大きな効果が期待されます。