高麗人参の賢い選び方

高麗人参の選び方と効果・効能などについて解説しています。
さらに歴史を紐解くことで、知識を深めることも可能です。
多岐にわたる素晴らしい薬効を持った高麗人参の魅力を感じてください。

プロフィール

文字サイズ変更→ 大きくする小さくする元に戻す

高麗人参の歴史

日本伝来まで

高麗人参が記録に登場するのは2000年以上前のことで、漢方薬の始まりと言われる薬学書、「神農本草経」に登場しています。
その時点でかなり詳細に薬効が紹介されており、「寿命をのばす効果がある」と書かれていたといわれています。
かの万里の長城を作った秦の始皇帝も愛用していたといわれています。
やがて生産は中国から朝鮮半島へと移っていきました。

地理的に近いこともあり、朝鮮から日本に伝わったのも早かったと思われます。
記録に残るもので一番古いのは、天平11年(739年)に渤海の文王が国書とともに高麗人参30斤を聖武天皇に贈ったものになります。
その後も、朝鮮半島からは、ほぼ継続して日本に高麗人参が贈られてきます。
足利時代、室町幕府にやってくる朝鮮の使節団は高麗人参を「国交贈品」として持ってきて、日本は「国交回礼品」(答礼の品物)として銀などを送ったそうですから、それほど貴重なものとして扱っていたのです。

日本での栽培の始まり

時代劇のシチュエーションで「病気の親に高麗人参を飲ませたいがために、娘が身売りを…」というのがありますが、現代以上に高麗人参は万能薬かつ貴重品でした。
江戸時代初期から日本において、高麗人参の栽培の努力がされましたが、高麗人参の種から発芽させることの難しさが道を険しいものにしました。

国内での栽培が成功したのは、8代将軍徳川吉宗の時代、享保14年(1729年)のことです。
幕府は高麗人参の栽培方法を公開し、高麗人参の栽培を奨励しました。別名の「オタネニンジン(御種人参)」はこの、幕府が種を諸藩に分け与えたことが由来となっています。
江戸時代後半には野州、松江、会津などが高麗人参栽培の中心地となりました。

高麗人参の研究

高麗人参の成分が化学的に研究され始めたのは1960年前後のことです。
特に高麗人参の有効成分であるサポニンが注目を集めるようになり、赤外線吸収スペクトルをはじめ、質量分析、X線解析、ガスクロマトフィーなどさまざまな技術の開発・進歩にともない、化学・薬学・医学の分野で広く研究されるようになりました。
近年はさらに詳細な成分分析も可能となっており、サポニンなどの一般植物成分のほかに、微量の新規成分が発見されるなど、新たな研究が行われています。

今でも高価とはいえ、一生かけてお金を払うということはなくなりました。
主に煎じ薬だった高麗人参の利用法も、高麗人参エキスお茶お酒など利用法も多様化しました。高麗人参が入っていないドリンク剤を探すのが難しいぐらいです。